研修施設   
2020年度公益社団法人日本顎顔面インプラント学会認定
研修施設・准研修施設の申請について
公益社団法人日本顎顔面インプラント学会
専門医制度委員会委員長 春日井昇平
 
 本年度は公益社団法人日本顎顔面インプラント学会専門医制度規則および認定研修施設細則に則り, 申請資格に該当する施設を対象に研修施設および准研修施設の申請を下記のごとく受け付けます.
 
(1) 研修施設の申請資格:
研修施設の認定を申請する施設(以下, 申請施設)は, 次の各号に定めるすべての資格を要する施設とします.
  1) インプラント治療を対象とする施設であること.
  2) 公的病院に準ずる手術室, CT装置, AEDを含む救急救命器具を有すること.
  3) 研修カリキュラムに定められたインプラント治療が, 所定の件数以上行われていること(過去5年間で30症例必要です).
  4) 本学会指導医が1名以上常勤し, 十分な指導体制がとられていること.
  5) 申請施設において,インプラント治療全般の研修が可能であること.
  6) 教育行事の開催が恒常的に行われていること.
 
(2) 准研修施設の申請資格:
准研修施設の認定を申請する施設(以下, 准施設)は, 次の各号に定める資格を要する施設とします.
  1) インプラント治療を対象とする施設であること.
  2) 研修施設との連携のもとに, 研修カリキュラムに定められたインプラント治療の研修が可能であること.
  3) 教育行事の開催が恒常的に行われ, 申請施設と連携がなされていること.
 
(3) 研修施設の代表者は, 申請書類に認定審査料を添えて事務局に郵送してください.
  1) 研修施設認定申請書
  2) 研修施設内容説明書
  3) 指導医の勤務証明書
※当該研修施設に複数の指導医が在籍している場合は, 用紙をコピーして全員の勤務証明書を提出して下さい.
  4) 最近5年間のインプラント診療実績調書(30症例以上)
 
(4) 准施設の代表者は, 申請書類に認定審査料を添えて事務局に郵送してください.
  1) 准研修施設認定申請書
  2) 准研修施設内容説明書
  3) 准施設における指導医の勤務証明書(指導医不在の場合はなしと記載)
※当該准施設に複数の指導医が在籍している場合は, 用紙をコピーして全員の勤務証明書を提出して下さい.
  4) 最近5年間のインプラント診療実績調書(症例数は任意)
 
(5) 判定:研修施設認定委員会および理事会で行います.
 
(6) 申請書:下記よりダウンロードしてください.(一旦PC上に保存してください).
  研修施設 http://www.jamfi.net/download/kensyusisetu_apl.doc
准研修施設 http://www.jamfi.net/download/kanrenkensyusisetu_apl.doc
 
(7) 審査料および登録料
  審査料: 研修施設、関連研修施設ともに1万円
登録料: 研修施設5万円、准研修施設3万円
(審査料は郵便局備え付けの「郵便振替払込取扱票」にて申請者施設名義で下記口座へお振り込みください.右端の「払込票兼受領票」をA4版用紙にコピーして添付してください.登録料払込については認定後、認定者に連絡をいたします.)
  郵便振替口座番号:00140−4−357712
  口座名称:日本顎顔面インプラント学会専門医
 
(8) 申請締切:2019年9月10日(火)(消印有効)
 
(9) 申請書郵送先:
  〒108-0014 東京都港区芝5-29-22-805
公益社団法人日本顎顔面インプラント学会事務局
TEL: 03-3451-6916  FAX: 03-5730-9866
(10) 問い合わせ先:
  公益社団法人日本顎顔面インプラント学会事務局
TEL: 03-3451-6916  FAX: 03-5730-9866
e-mail :info@jamfi.net
※ご質問に対する正確な回答を差し上げるため, お問い合わせはeメールにてお願いいたします.

規則については下記をご覧下さい. (ダウンロードしてPC上に保存してください)
「本学会専門医制度規則」